« 加熱用のカキのほうが美味しいそうです | トップページ | 京都の「まんじゅう屋さん」 »

胃の弱い人はトマトジュースを!

暑い夏の盛り
井戸水や清流に浸した熟れたトマトの美味を日本人が知ったのは
それほど遠い昔ではなかった

今ではサラダや肉料理のつけ合わせなど
欠かせない重要野菜の一つだが 17世紀の寛文年間に渡来して
当初は蕃茄といわれ 
その臭気や色が敬遠されすぐに普及はしなかったそうだ

メキシコ先住民の言葉「トマトル」から英語のトマトへ
漢字「蕃茄」は 南蛮から渡来したナスの意
ナス科の1年草

南米アンデス山中のインカ帝国があった高原が原産地らしく
ペルーやエクアドルでは有史以前から栽培されていた

ヨーロッパには16世紀スペイン人によって移入され
始めは観賞用にされていたようだ

のちにイタリア人が食用化して 
イタリア料理と共に品種改良も進んだ

日本では大正期に北海道と愛知県で栽培が広がり
戦後にやっと一般化した

現在日本の市場に出回っているのは 丸球の桃色種がほとんど

中でも桃太郎という品種が全盛を誇る

冬から春にかけては先がポッチリとがった
ハウス栽培のファーストトマトが出回る

種の周りのゼリー部が少なく果肉が多く
桃太郎以前の人気筆頭品だったが最近はあまり見かけなくなった

このありふれたトマトが 抗がん剤といったらなにを
そんなバカなことをといわれるかもしれないが
トマトのあの赤い色をつけている「リコペン」という色素には
抗癌に繋がる働きがあります

ドイツのヘルムート・ジー博士は細胞のガン化の引き金となる
酵素ラジカル・・・(対をなす電子の一方が失われて
不安定になっている酵素分子 そのためにひじょうに
反応性が高く有害)・・を
リコペンは ベータカロチンの二倍の力で
安定させることを確かめている

トマトのほかにリコペンを含んでいるのは
スイカで杏は極僅かに含んでいる

健胃作用もトマトの薬効のひとつ
脂肪などの消化を助ける酵素やビタミン(B6)が含まれているため

胃の弱い人は
トマトジュースを毎朝夕飲むと効果的だといわれています

高血圧の方には 血圧を下げる作用のある「ルチン」という成分が
含まれています

トマトはアメリカでは「野菜」
日本ではキュウリやイチゴと同じく「果菜」として扱われています

店頭でおいしいトマトを見分けるには
ヘタの辺りをかいで見ると独特のトマトの香りがします

ヘタが鮮やかな緑色で ピンとしているのは鮮度がいい証拠

皮につやがあり丸みがあってずっしり重いものが良品

保存をする場合はヘタのほうを下に向けておく

Le Creuset ミニ・トマト レッド 910096-00-06 Kitchen Le Creuset ミニ・トマト レッド 910096-00-06

販売元:Le Creuset (ルクルーゼ)
Amazon.co.jpで詳細を確認する

|

« 加熱用のカキのほうが美味しいそうです | トップページ | 京都の「まんじゅう屋さん」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/294139/6593196

この記事へのトラックバック一覧です: 胃の弱い人はトマトジュースを!:

» もう我慢できないんです・・・ [女教師の実態]
だって私にあんなにHな挑発してくるんだもの。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 6日 (水) 07時57分

« 加熱用のカキのほうが美味しいそうです | トップページ | 京都の「まんじゅう屋さん」 »