« うきぶくろのピーナッツ | トップページ | 沖縄ではブタ! »

クレオパトラとモロヘイヤ

クレオパトラとモロヘイヤ

モロヘイヤは エジプト・中東・アフリカが原産です
過熱すると出てくる独特のネバネバがモロヘイヤの特徴であり
栄養価が高い目印です

とても栄養価の高い野菜で 古代エジプトの王様が
どんな薬を飲んでも治らなかった病気が
モロヘイヤスープを飲むと とたんに元気になった・・・

このスープのことをムルキーヤ(mulukiyya)
つまり王家のスープ
宮廷スープと呼ぶようになりました

と同時に 王様以外はこれを食べることを禁じられ
この野菜そのものも(ムルキ=王様たち ヤ=物)と呼ばれ

のちに庶民の間で広く親しまれるようになると
ムルキーヤがなまって、通称ムルへーヤ・・・

その伝説から野菜の王様と言われています
また 世界三大美女の一人であるクレオパトラも

好んで食べたと言われています

この野菜は エジプトやアラビヤ半島など北アフリカや中東で
古くから食べられているもので 
日本でも1980年代半ばから知られるように・・・

モロヘイヤは 深くエジプトの文化に浸透しています
例えば 女性がスマートになったらモロヘイヤの茎みたい・・
と言ったり 
目の形が美しいというのをモロヘイヤの葉みたい・・
と表現したりするそうです

シナノキ科ツナソ属の1年生の植物で 
繊維をとるジュート(ツナソ)と同属

モロヘイヤは緑黄色野菜の中で
100g中に最も多くのカロチンを含んでおり 
カリウム・カルシウム・鉄分なども他の野菜に比べて
含まれている量が多いので・・・「野菜の王様」

茹でておひたしに・揚げ物・炒め物にも利用できる
また乾燥させてお茶として飲むことも出来る

注意!
モロヘイヤを育てるときの注意ですが
絶対にモロヘイヤの種は食べないでください

モロヘイヤの種には

ストロファンチジンとギジトキシゲニンと呼ばれる毒素が含まれております

健康な人が一定量以上を摂取すると心拍数が減少するという
毒素が確認されています

その毒素により死亡することもありますので
お子様などの手には届かないところに
種を置いておいてください

|

« うきぶくろのピーナッツ | トップページ | 沖縄ではブタ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« うきぶくろのピーナッツ | トップページ | 沖縄ではブタ! »